• 組合について
  • 耐震診断・耐震改修のすすめ
  • 補助・融資制度
  • お知らせ
  • 広島耐震診断設計協同組合とは?
  • 耐震診断、耐震改修の補助、融資制度について
  • 役員・組合員一覧

組合について

ごあいさつ(代表理事)

当組合は平成8年6月28日に広島耐震診断設計協同組合として、組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的に設立し、皆さまのご支援をいただきながら活動して参りました。

平成7年に発生した阪神淡路大震災、平成23年の東北大震災など、多くの方々の尊い命を奪うとともに多大なる財産に甚大な被害をもたらしました。

この貴重な教訓を契機に既存建築物の安全確認の機運が高まり、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が施行されるに至りました。

貴重な財産を守るための「耐震診断」「耐震改修」は、安全確保のための指標であります。

扶助の精神に基づき、共同で対応することにより、堅実で質の高い技術を生み出し、均一な成果を上げることで社会の信頼に応え、人間環境づくりの発展に寄与する所存であります。

今後とも、ご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
平成27年1月吉日
広島耐震診断設計協同組合
代表理事 金井 三郎

組合設立の目的

平成7年1月17日に発生した阪神大震災は、6,400名もの尊い命を奪うと同時に神戸市を中心に甚大な被害をもたらしました。
この貴重な教訓を契機に既存建築物の安全確認の機運が一気に高まり、同年「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が施行されるに至り、安全確認作業つまり「耐震診断」調査が急務となって参りました。

「耐震診断」は、安全確認のためのひとつの指標であり、その質の確保と均一性も大事な要素となっております。

志を同じくする者が、相互扶助の精神に基づき、共同で対応することにより、堅実で質の高い技術を生み出し、均一な成果品を納めることで社会の信頼に応え、人間の環境作りの発展に寄与するため、この協同組合を設立いたしました。

組合の概要・業務内容・組織

組織の概要

組合名称 広島耐震診断設計協同組合
所在地 〒730-0013
広島市中区八丁堀5番23号オガワビル2階
電話番号 TEL (082) 224-2700 FAX (082) 222-8755
創立年月日 平成8年6月28日
出資金 3,840,000円
代表者 代表理事 金井三郎
登録 一級建築士事務所登録 平成28年7月22日
広島県知事登録 16(1) 第2914号

業務内容

耐震診断及び耐震改修に関する設計・監理・相談

組織

総会 - 理事会 ・ 事務局 - 各委員会

役員

代表理事 金井三郎
副理事長 豊田隆雄   長谷川善己  高西群三
理事 大旗健   末國光彦   小西郁吉   車田聡 川成重美   村田正道
監事 清水保雄 衣笠准一

技術者

組合員数 26社
総技術者数 406名
  一級建築士 278名
    構造設計1級建築士 61名
    設備設計1級建築士 36名
  二級建築士 34名
  建築設備士 37名
  一級土木施工管理技士 7名
  測量士 1名
  測量士補 4名
  建築積算士 36名
平成28年度現在のデータです

業務実績

広島市 耐震診断調査業務
  小学校ほか校舎55校132棟
  小学校ほか屋内運動場37校37棟
広島市 広島市学校建物耐震補強計画立案
  マニュアル策定業務
広島市 広島市立舟入病院救急病棟
  改修その他工事監理業務
広島県 構造計算適合性判定業務
  上記に係る一部外部委託業務
  • 広島市
  • 広島市
  • 広島市
  • 広島市
  • 広島市
  • 広島市